シンガポールのオススメご飯4選!その1

Pocket

シンガポール(singapore)と言えば、マーライオンですね。

では、シンガポールの食べ物のイメージは沸きますか?

私はシンガポールに旅行をするまで現地の人が

どんなご飯を食べているか知りませんでした。

と、言うよりシンガポールがどこにあるのかも知りませんでした。

シンガポールは地図上では赤道の近くにあります。

タイやインドネシアの近くです。

気温はとても暑いです。茹ります。汗が止まりません。

ですがお店の中は極寒です。寒すぎるっていうくらい

クーラーがかかっています。

旅行の際は、羽織るものを持って行った方がいいです。

シンガポールでは冷房が効いているお店ほどサービスがいいという価値観らしいので

超寒いお店に入ったら当たりだと思ってもいいかもしれません!

さて、食べ物ですが、ググってみるとまず最初に

チキンライスが出てきます。

チキンライス、もちろん食べました。

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の食事処のチキンライス

チキンライス

残念ながらあまりオススメしません。笑

これはユニバーサルスタジオシンガポール内の

フードコートで食べたチキンライスです。

確か12ドルくらい。(現在1ドル=90円くらい)

なぜオススメしないかと言うと、

ご飯がタイ米なのかな・・・?

日本のお米と違って、水分があまりなくボソボソでした(当たり前だけど)。

チキンも胸肉だろうボソボソ感。

右奥のもやしは味が付いていません。

あとはお察しください。

これを食べて思ったこと

「日本のお米、最高!!」

ここからは食べて美味しかったお店です。

マリーナベイサンズのイタリアン、mozza(モッザ)

mozza

あの有名なマリーナベイサンズです。

屋上がガラス張りのプールです。

一度は泊まってみたいですね。

ここ、mozzaはマリーナベイサンズとは言っても

そこには入っていません。

マリーナベイサンズから地下で繋がっている連絡通路を抜け、

The Shoppes at Marina Bay Sandsと言うところにあります。

かなり大きいイオンの高級版みたいな感じでした。

イオンに高島屋や松坂屋、伊勢丹などのお店を入れた感じ。

そこの確か2階にあります。

メニューの文字が英語じゃない!

メニュー

英語っぽいけど英語じゃありません。

確かイタリア語らしいです。

読めないので店員さんに

「モッツアレラ プリーズ」

と言ったらほとんどモッツアレラと言われ

上から6個目のマルゲリータにしました。

というか、マルゲリータはなんとなく読めますね。

マルゲリータ(27ドル)

マルゲリータ

写真では大きさがわかりませんが、

かなり大きいです。

サイゼリヤのピザの2倍くらいはあります。

そして味は、かなり美味しい!!!

バジルがたくさん乗っています。

日本のピザのマルゲリータのバジルなんて

気持ち程度の1枚葉っぱなのに、

シンガポールのマルゲリータは束です。

1束に3〜4枚のバジルがついています。

モッツアレラチーズもかなり伸びて濃厚。

これは当たりです。

ピーチソーダとシンガポール名物のタイガービール

ピーチソーダタイガービール

ピーチソーダ美味しいです。

日本のよりも桃が濃厚でした。

美味しすぎたのでおかわりしました。

タイガービールはシンガポールの有名ビールらしいです。

エビスビールのような口当たりです。

Meatballs al forno(ミートボールのミートソースがけみたいな)

ミートミートミート!!!

これは結構小ぶりなわりに

肉肉しくて、ミートソースがよく合って美味しかったです。

お酒が進むくらいしっかり味付けされているので

どんどん酒もミートボールも食べてしまって

あっという間に完食です。

mozza、とてもオススメです。

もしマリーナベイサンズのドレスコードが必要なレストランで断られたら

ここに行ってみてください。

私たちがそうでした。(Tシャツにスニーカー)

余談ですが、Tシャツにスニーカーでもカジノは入れました。

カジノのお話もまた次回に。

では、オススメ4選はその2に続きますのでこの辺で!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>